宅建合格者に聞く。宅建の受験勉強で大変だったことは何ですか?


勉強の仕方が分からない

過去問の周回が大変。。。っていうか終わり見えない。
今までの過去問だけで受験して落ちてきたので別の勉強をしようとしたが辿り着くまでに大変でした。
また独学は本当に一人なので、今の勉強方法が合っているのかすら分からないのが怖い所だと思います。
(Oさん/歳/広島県)

ただの暗記がつまらない

建築基準法や都市計画法はただの暗記といった感じで最後までつまらなかったですね。
実務ではこっちの方が大事なのでしょうが。
他にいくつか資格の勉強をしてきましたが、過去問を解いて8割正解出来る、というのが一つのポイントになるかと思います。
(ゆうたさん/26歳/鹿児島県)

時間が取れない

当時は就職活動は本格化していなかったものの、大学3年生で論文を2本書いていた。また、アルバイトやサークル活動も毎日あり、まとまった勉強時間がとれない日が殆んどという状態だった。
そのため、空き時間を一秒でも無駄にしないために勉強に費やした。
1ヶ月もたつと、弱点と得意分野がはっきりしてきたため、捨てる問題(法律)を選定し、それ以外の問題はパーフェクトを目指すという作戦をとった。
(小梅太郎さん/21歳/東京都)

慣れない用語と考えに混乱した

夢中になるも、やはり今まで学んだことのない法律の世界で、民法や登記法などに続き、税法までと不動産関係の法律だけでなく、幅広く法律を学ぶため、だんだんとどの法律のことだったのかと混乱を招いたこともありました。
仕事と勉強漬けの毎日だったことで、なかなか友達と遊ぶこともできず、挫折しそうでしたが、スクールに行けば、、モチベーションもあがり、勉強への受験への励みともなっていました。
(limさん/24歳/愛知県)

独学で心が折れそうになった

住宅の仕事をしていたとはいえ、まったく知識のないところからはじめたので、1年目は独学で挫折。範囲も広くて、自分にあった勉強方法も見つけられないまま過ごしてしまいました。
翌年 気持ちを入れ替え入塾。大人になってから塾に通うなんて思ってもいなかったので、雰囲気になれるのにも正直時間がかかりました。
(あやさん/33歳/徳島県)

覚えることが多い

テキストでは問題の分野がいくつかにわかれているのですが、建築基準法の建ぺい率や容積率などの細かく数字で分けられいる物などは 覚えるのが大変でしたし、元々数字に弱かったので時間をかけて勉強しました。
都市計画法などでは、似たような用途地域名が多く内容も複雑だったのでここも勉強に時間がかかりました。
(ととろさん/23歳/埼玉県)

民法に苦戦した

宅建試験は民法と宅建業法がメインで構成されています。宅建業法は点数を稼ぎやすい反面、民法は毎年何回な問題が多く、試験問題も多い為、民法が苦手だと試験には受からないという結論に達しました。民法の問題は過去問を繰り返し解きました。
テキストを一通り読んだだけでは理解が出来ないので、テキストの最小単元のテーマをサラッと読んでから、そのテーマに関連した過去問題を解いて、理解を深めました。
(syamioさん/28歳/愛知県)

余裕がなかった

働きながらの勉強はやっぱり簡単ではありませんでしたね。
帰宅してテキストを開いても30分くらいが限界で寝てしまってばかり。
いくら不動産会社で働いていると言っても、法律について詳しくありませんでしたし、税法や民法などはまったく知識がなく、専門用語もで素人同然でした。
講座へは帰りに行っていたのですが、だんだん難しくなる内容についていけなくなり、徐々に勉強時間も少なくなってしまいました。
(キラキラさん/36歳~40歳/福岡県)

睡眠不足と慣れない法律用語との戦い

転職したばかりで、仕事の内容も、全然わからない状態で、 宅建の専門の学校に通いながら、勉強することとなりました。
勉強仕立ての頃は、ちょうど、仕事の繁忙期と重なり、 月の休みは1日しかありませんでした。
朝から晩まで仕事をし、残業してから 自宅に帰って5時間ぐらいは勉強してたと思います。
そして、朝も早起きをして2時間勉強。
(ゆきどんさん/31歳~35歳/埼玉県)

堅苦しい表現と用語に苦戦した

受験勉強で苦労した点は、一つに絞れないくらい、全てが難しく感じました。
ただ、私に一番欠けていたことは、国語力、特に読解力だったと思います。
過去の問題を見てみると、やたらと堅苦しい表現が目につきます。
その問題が何を質問しているのか理解することができませんでした。
しかも、覚えなければいけない項目が、民法、宅建業法、法令上の制限、その他の関連知識等とあり、どの項目も覚えにくいことばかりでした。
(プチハッピースマイルさん/41歳~45歳/神奈川県)

法律初心者で慣れない用語に苦労しました

簡単な参考書で一通りの用語の意味を調べたら、あとは問題集でできるだけたくさんの問題に触れて、その用語の使われ方に慣れるようにしていきました。
幸い宅建業法と建築基準法の分野は実務でも関係するところだったので、そこは日々の仕事の中で慣れていきました。
民法は直接は業務と関係ないものの興味を持てた分野だったので良かったのですが、どうしても税法の用語が頭に入らず最後まで慣れることができず仕舞いでした。
(ねこやまださん/31歳~35歳/東京都)

質問できる人がいない

通信講座のため聞く人がいなかったのが苦労した点ですかね。 具体的に苦労した点は税制のところですかね。短期譲渡、長期譲渡などのところで所有年数とか控除額とかが様々な数字に変化するので、一苦労でしたね。 税制では税率とかの特例が、コロコロと変わるので1度受験に失敗すると次の試験の受験の時は 数字が変わっている事もあるため、1発で合格しないときついかもとも思いましたね。
(マサヒロさん/51歳~55歳/栃木県)

不動産業界特有の慣れない用語に苦労した

法律を学ぶ基礎はできていました。改めて宅建試験に臨んでみると自分の有している知識では対処できない場面に多く遭遇しました。 建築基準法における各種規制の分野では細かい数字を覚える必要があり、見慣れない単語が多く意味を理解するのに苦労しました。用途地域など行政的規制でも、個々の用途地域の内容と具体的な規制を細かに抑えながら勉強を進めるのに時間がかかり、一時は挫折しそうでした。
(kakuhitoさん/26歳~30歳/神奈川県)

とにかく民法が理解しづらい

宅建業法はなんとなくわかったのですが、家が土地の上に立っているときに所有権が移って、誰が相続できる、とか、善意の第三者は、とか。参考書で理解できても、本試験問題を解いてみると、はてなが頭にいっぱい浮かびました。 それに地価の上げ下げ、マンションの売れ行きなど、時事問題的なのは山勘で一年目は行きましたが、それじゃだめだ、と、二年目は新聞やネットで情報を集めたりしました。
(ともたんさん/20歳~25歳/埼玉県)

仕事の後に勉強時間が取れない

時間を作ることが中々できませんでした。 教材を取り寄せてみたものの、まったく手つかずで何ヶ月も過ぎ、試験まで残り2ヶ月を切ってからやっと、これはマズイ!と本格的に取りかかりました。今までなかったものを日々の習慣にするのはとても難しいですね。仕事で疲れて帰った後に勉強するわけですから、教材に講義DVDがあったのですがそれを聞いていると寝てしまい、また起きては寝てしまい…の繰り返しでした。
(ponさん/31歳~35歳/神奈川県)

専門用語が理解し難い

とりあえず、どんな問題が出るのか見ておきたかったので、10年分の宅建の試験問題が収められた参考書を買い解いてみました。
しかし、ちんぷんかんぷんで聞いたことない専門用語も頻出して最初は50問中正解18問のスタートでした。
宅建の試験では約7割以上正解していれば合格なので、少なくとも35問は解けないと合格は見えません。
(さうりんさん/36歳~40歳/福岡県)

仕事との両立が難しい

仕事をしながらの受験だったので、仕事上の残業や酒の付き合いなどで思うように勉強時間が取れなかった事が大変苦労しましたね。
また、通信での勉強だったため同じ目標に向かっている人と情報交換などが取れなかった事は大変苦労しました。専門学校などに通学して勉強するのであれば、同じ目標に向かって頑張っている人と互いに励まし合いながら受験することもできたでしょうが通信だったのでそうもいきませんでした。
(ヒロシさん/51歳~55歳/栃木県)

仕事が忙しくて勉強時間が捻出できない

やはり、社会人の場合は勉強時間を確保する事が一番苦労しました。
毎日毎日残業の中、学生と違い自由に勉強する時間もありません。
しかし私の場合は電車通勤という事もあり電車の中ではずっとこの勉強をしていました。
帰りの電車は比較的座れるので、楽に勉強できましたが、行きは立ったまま勉強しないといけないので大変でした。
(T.Kさん/26歳~30歳/大阪府)

覚えることが膨大

とにかく覚えることが非常に膨大でなおかつ問題の傾向をつかむのが難しく反復練習が必要でした。
とくにその年によって平均点と合格点が変わるため簡単な問題が多いとその年の合格ラインがかわるらしく気を抜くことができませんでした。たしか年一回の受験しかできなかったのも気がひきしまるところでした。
(Jさん/26歳~30歳/山梨県)

下のボタンからこの記事を簡単にシェアできます

スポンサーリンク

人気資格ランキング

投稿数の多い順にランキング!

ピックアップ記事

宅建の勉強をこれから始める方へ【独学者・初学者向け】

by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

事務系やIT系など多彩な講座が満載!職業訓練校でどんな講座を受講しましたか?

投稿日: 2015/10/29 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

10月に開催される国家試験や民間試験+合格者からのアドバイス

投稿日: 2015/09/25 by  views
ピックアップ記事

まだまだ挑戦は終わらない!年代別今後取得してみたい資格とその理由は?

投稿日: 2015/09/18 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

やっぱり有利でした!資格を持っていることで就職・転職できたその資格とは

投稿日: 2015/09/16 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

5万円以上も!?資格取得により給料がアップした国家資格はこれ!

投稿日: 2015/09/16 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

持ってるだけで就職・転職・昇級に役立つ!設置義務がある国家資格12個!

投稿日: 2015/09/04 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

9月に開催される国家試験や民間試験+合格者からのアドバイス

投稿日: 2015/08/28 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

寝てられない!?働きながら資格を取得した人の体験談

投稿日: 2015/08/07 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

30代で転職した方はどんな職業についてる?転職の際のノウハウや体験談まとめ

投稿日: 2015/08/06 by 合格体験記編集部  views
こんな記事も読まれてます
英検準1級

英検準1級に合格。リスニングの勉強はラジオの英会話と英検準1級の教材を利用。

投稿日: 2015/06/23 by よしちゃん  views
電卓技能検定

電卓技能検定取得!この検定ははレセプト等で総括という医療費の計算をする際に必要なスキルです。

投稿日: 2015/06/24 by ネコ  views
簿記3級

派遣から転職を考え簿記3級を受験。経理業務に携わらなくても社会人として勉強してよかった!

投稿日: 2015/07/03 by ぽんた  views
保育士

保育士合格者に聞く。受験しようと思ったきっかけ。

投稿日: 2015/04/21 by  views
陸上特殊無線技士

第二級陸上特殊無線技士の資格は仕事をしながらでも無理なく取得できそうだと思い受験

投稿日: 2014/10/21 by ヤス  views
ファイナンシャルプランナー2級

老後の資産計画を考える為にファイナンシャルプランナー2級を受験しました。

投稿日: 2015/07/08 by ASA  views
ITパスポート

パソコン初心者でも大丈夫、ITパスポートは手軽に短期間で取得できます!

投稿日: 2014/11/13 by としや  views
簿記3級

簿記3級を受験。仕分けや問題などトイレのドアに貼って問題パターンを把握。

投稿日: 2014/10/20 by もも8787  views
簿記3級

転職を考え、転職に必要な資格を取得しようと思い、簿記3級の受験を決意。

投稿日: 2015/10/01 by きょうこ  views
簿記1級

将来事務職に就きたかったため簿記検定1級を受験。まずは電卓に触れることから始めた

投稿日: 2015/10/02 by すぶた  views