やればやるほど点数がどんどん上がってくことに魅力を感じ珠算検定準3級の受験を決意

  • 珠算検定
  • 投稿日:2014/10/16
  • [field_1]さん
  • [field_2]
  • [field_4]

この記事の大まかな内容

  • 20代前半男性。2011年に珠算検定準3段に一発合格。現在、文系四大に在学中。
  • 1日の勉強時間は約2時間。勉強期間は約3ヶ月。
  • やればやるほど点数がどんどん上がってくことに魅力を感じ珠算検定の受験を決意
  • 段位の認定システムは問題数の違い
  • 難易度の高い方法で練習を重ねてミスを減らし、目標点数を超えた

やればやるほど点数がどんどん上がってくことに魅力を感じ珠算検定の受験を決意

珠算検定を受験しようと思ったきっかけは、僕がそろばんを習い始めたのは、小学校の4年生の時で、最初はあまりよくわからず、そんなに成績もよくなかったのでせいぜい1級ぐらいで辞めるだろうと思っていました。

しかし、だんだんやり方が分かってきてできるようになってくると面白くなってきたのです。

それで1級までは割ととんとん拍子で進むことができ、そこでもうここでやめるか段位に進むかの選択になりました。

段位の認定システムは問題数の違い

段位の認定システムというのは、そもそも問題のレベルは1級とそんなに変わらず、しかしながら問題数が格段に増えます。

そして、1科目10分という制約の中でどれだけ多くの問題を正確に解くことができるかという試験だったので、伸びれば伸びるほど点が上がるというシステムになっており、そこに魅力を感じて段位を受験しようと思いました。

難易度の高い方法で練習を重ねてミスを減らし、目標点数を超えた

珠算検定の科目というのは、見取り算、掛け算、割り算の基本的な3科目と伝票算、あとは暗算での見取り算、掛け算、割り算という科目で構成されます

僕は、この科目の中で一番得意だったのは割り算でそこは全く苦労はしませんでした。

苦労した科目は、見取り算と掛け算です。

そもそも、見取り算というのは段位のレベルで言うと11ケタの数字を10口足したり、引いたりする加減算のことです。

ただ単に足し引きするだけなので本来技術的にはそんなに難しい科目ではないはずなんですが、いかんせん11ケタの数字が10行も並んでいるわけなので見落としや見間違いなどそういう方面でのミスが多発しがちな科目になっているというわけです。

そういった意味で、見取り算は苦手でした。

また、掛け算の方はいわゆる一般的な掛け算をするのですが、やり方の流派として片落としと両落としという二種類があります

それぞれにメリット、デメリットがあるのですが、片落としというのは初心者向けでやさしいですがそのかわり時間がかかります。

一方、両落としはある程度の熟練者向けで難易度は高くミスも起こりやすいですが、慣れてしまえばかなりの時間短縮になるやり方です。

僕は、1級までは片落とし、段位からは両落としでやりました。

そこで上述したように両落としというのは難易度が高くミスが起こりやすいため、慣れるのにとても苦労しました。しかし、練習を重ねてやっと目標点数を超えることができ、無事準参段を取ることができました。

本番の試験時間よりも数分短い時間制限で練習問題を解いた

そもそもそろばんをやっていて楽しかったということもありますし、科目数も多いのでどれかの科目で行き詰った時は、得意な割り算などを練習に組み込むことによって気分転換をしていました

また、練習方法としては、やはり本番の試験時間よりも数分短い時間制限で練習問題を解き目標点数に到達できるかというようなやり方でやっていました。

それでとりあえず、時間を測って解いてみて間違えたところやわからなかったところはきちんとやり直してどうしてできなかったのかを明らかにするようにはしていました。

つまずいたことにより次のステップに行けることもある。努力を惜しまないで

 モチベーションなどに関しては、目標に向かって頑張って行こうという意志とどんどん上に上がっていくことができるようになっている試験制度があったからだと思います。

そろばんやどんなことでもそうですが、スランプに陥ってしまっていつまでも抜け出せず焦ったりすることもあるかもしれません。

練習が辛くなってしまって、辞めたいと思うことも自分も何回かはやはりありました。

 しかしながら、いつかは絶対に乗り越えられるものですし、そこでつまづいてしまったことは別にマイナスではないと思います。

そこでつまづいたことによって次のステップに行けるということもあると思いますし、努力さえ惜しまなければ必ずいつかは、目標を達成できるはずです。

そして、そろばんというのは、できるようになればそこからは速く伸びていくものなので、そこに到達するまでのふんばりとスランプを抜け出す頑張りがあれば必ず合格はできるはずです。

頑張ってください!

役に立った参考書

新珠算検定試験練習問題集
自宅で練習できます。チャレンジする級の問題集でやってみてください

まとめ

  • 珠算検定はやった分だけ点数が伸びるのが魅力。難易度の高い方法で練習を重ねてミスを減らした
  • 本番の試験時間よりも数分短い時間制限で練習問題を解いた
  • つまずいたことにより次のステップに行けることもある。努力を惜しまないで

下のボタンからこの記事を簡単にシェアできます

スポンサーリンク

人気資格ランキング

投稿数の多い順にランキング!

ピックアップ記事

宅建の勉強をこれから始める方へ【独学者・初学者向け】

by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

事務系やIT系など多彩な講座が満載!職業訓練校でどんな講座を受講しましたか?

投稿日: 2015/10/29 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

10月に開催される国家試験や民間試験+合格者からのアドバイス

投稿日: 2015/09/25 by  views
ピックアップ記事

まだまだ挑戦は終わらない!年代別今後取得してみたい資格とその理由は?

投稿日: 2015/09/18 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

やっぱり有利でした!資格を持っていることで就職・転職できたその資格とは

投稿日: 2015/09/16 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

5万円以上も!?資格取得により給料がアップした国家資格はこれ!

投稿日: 2015/09/16 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

持ってるだけで就職・転職・昇級に役立つ!設置義務がある国家資格12個!

投稿日: 2015/09/04 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

9月に開催される国家試験や民間試験+合格者からのアドバイス

投稿日: 2015/08/28 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

寝てられない!?働きながら資格を取得した人の体験談

投稿日: 2015/08/07 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

30代で転職した方はどんな職業についてる?転職の際のノウハウや体験談まとめ

投稿日: 2015/08/06 by 合格体験記編集部  views
こんな記事も読まれてます
二級建築士

30歳過ぎての就職!経験ゼロから二級建築士を取得するまで

投稿日: 2014/12/26 by sasurai  views
ITパスポート

ITパスポート取得。初級シスアドに合格していたとはいえIT環境が激変しているので1から勉強しなおしました。

投稿日: 2014/09/26 by とくめい  views
TOEIC

海外に語学留学し、形に残る証みたいなものが欲しく受けたTOEIC

投稿日: 2014/11/27 by まなほ  views
TOEIC

英語力を示したかったのでTOEICを受けた。高得点を目指すには模擬試験が重要。

投稿日: 2014/11/26 by miamimayo  views
漢字検定3級

漢字検定3級合格者に聞く。受験しようと思ったきっかけ。

投稿日: 2015/05/27 by  views
介護職員実務者研修

自分のキャリアアップのため介護福祉士を目指そうと介護職員実務者研修の取得を決意。

投稿日: 2014/12/18 by あろん  views
ファイナンシャルプランナー2級

通勤電車の中やスキマ時間の勉強でFP2級一発合格しました!

投稿日: 2014/09/15 by あせわ  views
漢字検定2級

漢字検定2級合格。誤字脱字に気付く能力が身につき周囲から重宝されています。

投稿日: 2014/11/09 by かしこう  views
損害保険募集人資格

損害保険募集人資格を受験。理屈云々以前にまず暗記と法的な感覚が必要。

投稿日: 2014/10/16 by ちゅみっちゃん  views
TOEIC

TOEIC700点超え。高校の英単語の本と毎週1本英語の映画を見て勉強しました

投稿日: 2014/12/09 by daisuki-eigo  views