カラーコーディネーター検定3級に合格。ほとんどの問題はテキストから出題されます


この記事の大まかな内容

  • 20代後半男性。2008年、カラーコーディネーター3級に一発合格。最終学歴は専門学校卒。
  • 勉強方法は独学。1日の勉強時間は約2時間。勉強期間は約1ヶ月。
  • 色彩検定取得後、更なるスキルアップのためにカラーコーディネーター3級取得を目指した。
  • まずはテキストだけを読み大まかな概要を把握。残り2週間で過去問題集を実際に解いて行くオリジナルの勉強法で楽しく勉強できた。
  • 問題集やテキストの常に気になった部分を書き出しながらの勉強方法。アンダーラインを引くよりも効果あり。

色彩検定取得後、更なるスキルアップのためにカラーコーディネーター3級取得を目指した。

カラーコーディネーター3級を目指したきっかけは、アパレルで働いていた時に職場の後輩に、「色彩検定が実践スキルを磨けることに重点を置いているとしたら、カラーコーディネーター検定では色の歴史や成り立ちなどの知識を深く学べる」と聞いたので、受験してみようと思ったことでした。

その頃は色彩検定も合格し、更なるスキルアップをしたい気持ちが高まっていたので、色彩検定で覚えた知識をカラーコーディネーターの試験でも活かせれば合格しやすいのではないかと考えていたからです。

絵画に使われる色使いなど一般的に知られているアパレルや色彩デザインとは違った点での試験範囲も楽しく学ぶことができ、仕事だけでなくプライベートや趣味にも応用できれば自分の世界がもっと広がるような気もしました。

受験勉強では、色と暮らしの関係や補色の関係性など専門性の強い問題の暗記に一苦労。

受験勉強で一番苦労した点は、色彩検定と同じように暗記することでした。

理論的に色が人との暮らしの中でどう歩んできたか、絵画に使われる補色の関係性など、専門性が強い内容だったので出題範囲が広く苦労しました。

公式テキストも教科書のように細かく、早めに勉強をスタートしなかったので後半は必死になって毎日勉強しました。

純色、暗清色、明清色、濁色などのトーンを使って表したり、可視光の領域、プリズムを通して見える色の並びなど、自然環境の中での色の成り立ちを理解しなくてはいけないので、以前受験した色彩検定に比べると濃い内容でした。

問題集やテキストの常に気になった部分を書き出しながら勉強。アンダーラインを引くよりも効果あり。

中でも色彩調和論は誰が提唱したのかなど人物にスポットを当てた問題も多く出題されており、シュヴルールの概念、ムーンとスペンサーのマンセル色空間の発展論など歴史も学ばなければいけないため、独自に単語帳を作り空いた時間には暗記を行っていました。

自分が今まで関わってこなかったことはもちろん、興味が沸かなかった分野までが問題となっていると、好きな部分に比べて学習スピードが遅く、なかなか頭に入らなかったので大変苦労しました。

エクステリア、インテリア関係が一番苦手でした。

外の柵や周りとの色彩調和を考え正しい図柄を選んだり、使われているトーン、配色法を選び出す過去問題では、何度やっても正解率が悪くつまずいてしまった範囲でもありました。

ファッションショーの写真からベース、アソートカラーを色番号とトーン図を用いて解説するのにも挫折しそうになりました。

私は、テキストを読む際に気になった部分をノートに書き出していく勉強法をしていました。

そうすることで、自分の中で大事な言葉が強く印象に残りやすくなりました。

アンダーラインを引くよりも効果があったと思います。

まずはテキストだけを読み大まかな概要を把握。残り2週間で過去問題集を実際に解いて行くオリジナルの勉強法で楽しく勉強できた。

最初の一週間はテキストだけを読み込み、問題集は開きませんでした。

まずはテキストのおおまかな概要を把握するところから始めました。

そこからカテゴリーを区切り、一週間単位で重点的に問題集を解いていくことにしました。

残り2週間になると過去問題を実際の試験時間と同じように設定し、解いていきました。

平均して毎日2時間ほどの勉強時間でした。

仕事から帰ってきてから勉強を始めるので良い効率ではなかったかもしれませんが、頭が冴えてる状態の時なので楽しく勉強することができました。

試験勉強には、最低公式テキストと問題集を用意すること。オプションで参考書を加えると良い。

これから受験する方へのアドバイスですが、公式テキストと問題集は用意した方が良いと思います。

ほとんどの問題はテキストから出題されるので、内容を良く読み込んでおくと大事な部分が自然と頭に入ってくるようになります。

その他にもテキストで分からない点があった場合に備えて参考書を準備しておくとスムーズに勉強を進めることが出来ます。

普段の生活でも応用できる内容が多い資格。更なるスキルアップが期待できる。

試験が終わって数年たった今でも役に立つことが多く普段の生活でも応用できる内容となっているので、試験を受けるだけで終わりにせず、更なるスキルアップを目指して次に進むのもやり甲斐があり楽しいと思います。

覚えなくてはいけないことが多いですが、専門的な知識を身に付けたい方にはピッタリの資格なので、諦めずに頑張ってもらいたいです。

まとめ

  • カラーコーディネーター3級の試験勉強には、最低でも公式テキストと問題集を用意すること。オプションで参考書を加えると良い。
  • カラーコーディネーター3級の受験勉強は、色と暮らしの関係や補色の関係性など、専門性の強い問題の暗記が難しい。
  • カラーコーディネーター3級は普段の生活でも応用できる内容が多い資格。更なるスキルアップが期待できる。
下のボタンからこの記事を簡単にシェアできます

スポンサーリンク

人気資格ランキング

投稿数の多い順にランキング!

ピックアップ記事

宅建の勉強をこれから始める方へ【独学者・初学者向け】

by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

事務系やIT系など多彩な講座が満載!職業訓練校でどんな講座を受講しましたか?

投稿日: 2015/10/29 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

10月に開催される国家試験や民間試験+合格者からのアドバイス

投稿日: 2015/09/25 by  views
ピックアップ記事

まだまだ挑戦は終わらない!年代別今後取得してみたい資格とその理由は?

投稿日: 2015/09/18 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

やっぱり有利でした!資格を持っていることで就職・転職できたその資格とは

投稿日: 2015/09/16 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

5万円以上も!?資格取得により給料がアップした国家資格はこれ!

投稿日: 2015/09/16 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

持ってるだけで就職・転職・昇級に役立つ!設置義務がある国家資格12個!

投稿日: 2015/09/04 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

9月に開催される国家試験や民間試験+合格者からのアドバイス

投稿日: 2015/08/28 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

寝てられない!?働きながら資格を取得した人の体験談

投稿日: 2015/08/07 by 合格体験記編集部  views
ピックアップ記事

30代で転職した方はどんな職業についてる?転職の際のノウハウや体験談まとめ

投稿日: 2015/08/06 by 合格体験記編集部  views
こんな記事も読まれてます
色彩検定3級

色彩検定3級合格。仕事以外でも、日常のファッションやインテリアにも活かせることが多く役立つ資格です。

投稿日: 2015/10/15 by すず  views
介護支援専門員(ケアマネジャー)

とにかく取得して損はない資格。介護職なら不可欠な資格。

投稿日: 2014/11/28 by ミントブルー  views
正看護師

1度仕事を辞めた後、看護学校へ。3年間しっかり勉強して正看護師を取得。

投稿日: 2015/10/16 by ぱん  views
登録販売者

登録販売者の勉強で大変だったことは何ですか?

投稿日: 2015/04/22 by  views
Microsoft office specialist

【Microsoft office specialist】学歴・受験回数・1日の勉強時間・勉強期間・勉強方法などまとめ

投稿日: 2015/04/08 by  views
危険物取扱者

化学系の会社で必須だった危険物甲種。乙種を飛ばして甲種を受験

投稿日: 2014/09/13 by ioki  views
公認会計士

公認会計士受験は独学では合格が難しいといわれていたので専門学校に入学。

投稿日: 2014/11/08 by けんけん  views
漢字検定2級

漢字検定2級を受験。記憶力の克服と試験を受ける緊張感を思い出すことに苦労。

投稿日: 2014/10/10 by TONY  views
登録販売者

登録販売者資格取得。お客様への対応が速やかに出来るようになりスキルアップに繋がった。

投稿日: 2014/12/17 by ちかけん  views
商業ダンスインストラクター

商業ダンスインストラクター5級合格。ソロで踊るパート80種類以上を丸暗記しました

投稿日: 2015/06/12 by まー  views